読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

convivialのある生活

楽しく生きることについて感じたことを心理学や人間関係の視点から書い綴ってます。

【働父】沐浴のやり方

体験談 子育て

--シェアする--

f:id:ringboy:20170116190741j:image

はお、はやしたろうです。

 

全国の働くお父さんは子どものお風呂入れてますか?

 

僕は毎日の日課が倅の沐浴。

もう1ヶ月も過ぎたので、そろそろ沐浴ともおさらばになるのですがね。寂しい。

 

うちがどんな風に入れているか、参考になればと残しておきます。

 

うちの場合。最初は義母と嫁さんが沐浴してましたが、危険を感じてかギャン泣き。

数日したところで僕がやり始めました。

 

準備すること

  • 沐浴槽
  • ガーゼハンカチ
  • 赤ちゃん用石鹸泡タイプ
  • 40〜41℃のお湯
  • ビビらない心づもり

 

 最後のビビらない心づもりはとてつもなく重要。

ビビってんのは赤ちゃんにも伝わるからギャン泣きするし、ギャン泣きすれば更にこっちがビビってさらにギャン泣きの悪循環になります。

 

落としても簡単には怪我しないです。

ちょっとぶつけても骨は折れません。

それよりも子どもを綺麗にしてあげることだけを考えやりましょう!

 

沐浴のやり方

  1. お湯をはった沐浴槽にゆっくり子どもを入れます。仰向けです。
  2. お湯で湿らせたガーゼハンカチをお腹に置いてあげると安心するようです
  3. 頭を洗います。汗をかいているとあせもができていたりするので優しくね。
  4. 次は顔。倅はおでことほっぺたに湿疹が出ているので多めの泡でゆっくり洗います
  5. 目や口に石鹸が入らないようにお湯をガーゼハンカチに含ませて泡をふき取るように洗います
  6. 次は首や肩など上半身。とくに首はお肉で皮膚がジャバザハットみたいに、なっているので伸ばしながら洗います。ちゃんと洗わないとあせもの原因。
  7. 下半身も同じように股や足の付け根を洗っていきます
  8. お湯を抜いて、張り替えながら子どもの体をうつ伏せに。この時、脇の下あたりに前腕が来るように支えると安定します。これができるようになって大分楽になった。
  9. 後頭部、背中を洗います。
  10. 大事なのはお尻。うんちで荒れていることがありますので多めの泡でしっかりと。倅はひどく荒れていましたが、弱酸性の石鹸でしっかり洗い始めたら3日くらいでよくなりました。うんちはアルカリ性だからね!
  11. 最後、仰向けにして流してあげれば終わりです。

 

寒いとぐずることが多い気がします。

うちは風呂場で沐浴してますが、換気扇は切るようにして、湯船もためるようにして少しでも暖かくすることを心がけています。

 

以前義母と嫁さんがリビングで沐浴させてくれてたんだけど、寒いのもあったんだと思う。

 

大変な面もあるけど、沐浴させてくれるのはあと少し。

楽しみながらやりたいと思います。

 

次はスイマーバだっ!!