読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

convivialのある生活

楽しく生きることについて感じたことを心理学や人間関係の視点から書い綴ってます。

一人でできることには限りがある

心理学 考え方 人間関係 雑記 哲学

--シェアする--

http://www.flickr.com/photos/28145073@N08/5237970063

photo by Moyan_Brenn

一昨日遅くまで嫁さんと語っておりました。

嫁さん曰く「あなたにばっかり頼っている。申し訳ない。とても大きな罪悪感に苛まれる」と。


嫁さんはパート以外に最近開業してダブルワーク。開業した仕事が軌道に乗るまでは時間ばかり取られていることに悩んでいるみたい。

あんまりPCが得意でないので書類作成を僕が手伝っていたり家事の分量ふやしたりしてたらそれが申し訳ないのだとか。


馬鹿かと。笑


僕が手伝うのはスキルが少しあるからであって、手伝ってあげたいからやっているんですよね。

そう伝えると「無理させている。あなたは自分を犠牲にしている」と返ってくるんですね。

だからこう伝えました。

「周りにできる人や手伝ってくれる人が寄ってくるのはあなたの魅力、才能だよ。それを活かさないのはもったいないよ」と。


…いい事言ったなぁ。笑

これは本当にそうだなぁと改めて思うけど、周りから助けてもらえる力は才能だと思うんだよなぁ。

その人の人柄や行動をみてくれていて、力を貸してくれるんだと思う。

力を貸そうと思わせるのは無理にはできないんだよなぁ。

すごい才能。


一人でできることには限界がある。頼ることは決して悪いことではない。

何でもかんでも一人でやらなきゃいけない!それが自立だ!って考えている人も多いと思うけど、そうじゃない。

助けてくれるって人がいたら頼ったらいいんだよね。

新しいことを始めるとして、一から調べて覚えて実践して…なんて効率が悪いこともある。
教えてくれる人がいるなら頼っていいんですよ。

たまに押し売りしてくる人がいるから見極めも必要だけどね笑

嫁さんが少し楽になった顔してたのでよかったな。